漢方が効かなくなった。→え!?食べ物が原因なの!?

新型コロナウイルスの第1波が収束してから、まだ咳がいつまでも治まらない。とか、食欲不振が続くなどの症状を訴える方がチラホラ見受けられます。そんな中で、咳がいつまでも収まらないと、当院を受診された方のお話しをしてみましょう。
 
 もう、2週間近く咳が続き、ちょっと酷くなってきた。夜間にも咳こんで眠れないと訴えられます。市販の総合感冒薬を内服されていたのですが改善がなく当院を受診されました。のどが痒いとの訴えがあり、アレルギー検査をすると杉やヒノキ、ハウスダストなど様々なアレルゲンが陽性にでました。西洋医薬はあまりお好みではないとのことでしたので、漢方で治療を開始しましたがしばらく処方を色々調整しながら改善傾向にあったのですが、ある日夜間に喘鳴がでてきて咳がぶり返したと再診されました。経過からするともう治っても良さそうなのにおかしいなあ・・・!?と思いながら念のために喘鳴の出た日のお食事などを色々と聞いてみましたら「その日、そういえばバニラアイスクリームを食べました。。。」とのことでした。
この方、乳製品にアレルギーはなくバニラアイスクリームを今まで食べても特に問題はなかったとのことです。

 普段体調の良い時なら問題はありませんが、病状が改善傾向にはあっても完全に治りきっていない時に、こういった甘い、脂肪分の多い、高カロリーのものを摂取し消化器系に負荷をかけると、その後はだいたい肺につけが回ってきます。漢方では腸と肺は表裏一体と考えられていますが、この方の場合はまさにこれをそのまま実践してしまった典型例となってしまったのです。

漢方は結構、手を尽くしたあとだったので、ここはもう西洋医薬の出番
キプレスというアレルギー性鼻炎、喘息などに効果のあるお薬を眠前に内服していただき、ほどなく喘鳴は出なくなり、咳も収まり結局、咳が治癒するのに1か月ほどを要しましたが、無事に一件落着となっています。

この方のように実体験をしていただくと、食べ物の選択の重要性が身に染みてわかっていただけると思うのですが、実は薬が効かない、効かないと言っている人の中には食習慣が大きく影響していることもあるということを皆様に知っていただきたいと思うのです。

 食生活大事でしょ!? 運動も取り入れて 心身のバランスを保つように心掛けてください。

コメント

このブログの人気の投稿

気血水lineと漢方治療

ひょっとして、コロナうつ!?→コロナうつには統合的なアプローチが必要!

右腕が突然動かなくなった→ え?心因性のストレスが原因!?